SEの転職理由には納得の訳がある

エンジニアに転職する方へ

エンジニアとは、直訳すると技術者という意味である。技術者にもさまざまな種類があるが、今回はシステムエンジニアについて取り上げる。システムエンジニアに転職したい方は必見だ。システムエンジニアとは、コンピュータ関係のカテゴリーにおいて、IT関係の職業に携わる者を意味する。

システムエンジニアの主な職務内容としては、コンピュータシステムの要件の定義・設計・プログラミング・運用管理などがある。このうち、プログラミングを行う者をプログラマー、システムの運用・管理を行う者をオペレーターと呼ぶが、システムエンジニアはこれらの業務もひっくるめて行う。

なお、システムエンジニアと言う言葉は、日本国内で提唱されたいわゆる和製英語である。とはいうものの、システムエンジニアと言う言葉自体は、日本国外でも使用されている。システムエンジニアに関連した資格もある。ただし、システムエンジニアは、資格を持たなければ通用しないわけではないので、必ずしも必要となるわけではない。無論、企業によってはこれらの資格の取得・保有を条件とする場合もあるため、その場合はもちろん重要となる。基本的には、システムエンジニアに必要なものは技術力よりもコミュニケーション能力であるため、職務内容的には営業・接客関係のものと重複する場面もある。コンピュータに携わる職業と聞くと、コンピュータを使うことをマスターしていることが条件であるととらえることもあるが、コンピュータ自体が初心者の場合でも十分通用するし、資格試験にも何ら影響はない。必要な能力の大半は会社の社員教育で受けるものなのである。

比べてお得!

Copyright (C)2017SEの転職理由には納得の訳がある.All rights reserved.