SEの転職理由には納得の訳がある

エンジニアを目指す転職者へ

エンジニアを目指して転職活動をする人間のために、エンジニアについて解説してみる。エンジニアとは、直訳すると技術者を意味する。エンジニアとしての職務をエンジニアリングと言い、つまりは工学的なカテゴリにおいて、専門的な技術を習得して労働する者を意味するのだ。

なお、技術者には、類義語として技師や技士と言った単語があるが、これらは主に役職や資格試験の名称に使用されることが多い。技術職に就くために必要な国家試験の名称にもよく利用されている。一方、技術者は、特に資格を保有している人間を表すわけではない。

技術者には様々な種類がある。自動車や鉄道車両、情報、塗装、建設など、さまざまだ。ものをつくりだすための施設である工場などの製造業にはほぼ必ずといってもよいほど存在しており、わたしたちの生活に必要な物品を生み出すために非常に重要な役割を担っている。他にも食品や薬品、衣服・アクセサリ、航空・船舶、環境関係など多岐に渡って存在しているのが分かる。どの技術者にもおおむね共通する主な役割としては、製品の工程や品質の管理、あるいはそれらを行うために必要な設備・備品の点検・メンテナンスなど、施設の運営には欠かせない業務を行う。技術者になるためには、技術職の分野を学校などで学び、必要な知識・技術を習得してから望むことが不可欠。企業側も、そういった人間を求めていることがほとんどだ。並大抵の能力では到底通用しないことが多いので、技術職を希望する人間はそれ相応の覚悟を持って挑戦する必要がありそうだ。

Copyright (C)2017SEの転職理由には納得の訳がある.All rights reserved.